保育について

法人の理念

私たちは、保育園を利用する全ての人が、一人一人の違いを認め合い
その人らしく輝いて生活していく場でありたいと考えています。

保育の方針

保育の目標:「みんなげんきに やさしい気持ちを」 生活のリズムを整えて元気に過ごす
  • 家庭のような環境の中、一人一人と優しくお付き合いし、丁寧な生活をします。
  • 季節や伝承の味を大切にし、和食中心のランチもおやつも手作りです。
  • 散歩に出かけたり、庭であそんだり、体を使ったあそびをしながら丈夫な体と心を
    育てています。
さまざまな思いが育ち合うように友だちと一緒に豊かな経験をする
  • 生まれた日にクラスやグループで誕生日を祝います。
  • わらべうたで保育士や友だちと心地よく触れ合い、関わってあそびます。
  • 室内には子どもの興味関心や発達に合わせて、ごっこ・積み木・製作・手作業・
    パズル等を友だちと一緒に夢中になって好きなあそびをします。
  • 3歳以上の子どもたちは自分と異なる年齢のきょうだいグループで生活し、
    お世話したり、されたり、時にはきょうだいのようにケンカして育ち合います。
  • 3歳以上の子どもたちは、地域の施設のお年寄りと交流しています。
  • 小・中・高生の体験学習や保育士等の養成校の実習生を受け入れて触れ合います。
  • 親子で楽しめる行事や保護者会のイベントは子ども中心のお付き合いが広がります。
季節の中で自然の恵みや不思議を共に感じたり、触れたり、味わって遊ぶ
  • 庭には季節の花が咲き「きれい」「いい匂い」と顔を近づけ季節を感じる。また
    ぶどうやカリン、ミニレモンと実のなる木もあり、収穫してジュース作りをします。
  • 畑で育てた野菜の採れたてを味わい、ピザ・カレー・芋煮を作ってクッキングを楽
    しみます。
Images
Images
Images
Images